実際に車を買い換える時には、いくつか選

実際に車を買い換える時には、いくつか選択肢があります。けれど私の場合、いくらかでも得したいのでディーラーを利用せず、買取業者の査定を受けて、買い取ってもらうようにしています。

利用方法が簡単だということもあります。

パソコンかスマホで一括査定サイトの画面を出し、売りたい車の情報や、ある程度の個人情報を入力、登録をしますと、買い取り業者の方から、電話でコンタクトをとってきます。普通、四社とか五社くらいから連絡がくるようです。

連絡がきたら、そこで大体どれ位の値段になるかを尋ねます。そうして値段の目安がわかったら、良い値を出してくれそうな業者の候補を三つ程選び、他のところには、もう断りの電話を入れてしまいます。個人で売却する場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定だとトラブルの心配はありません。個人で売却した場合には、車を渡したのに、代金を払ってもらえなかったり、お金を支払ったけれども車を明け渡してもらえないというトラブルも考えられます。

売却してから購入者から苦情がくることも珍しくありません。古い車を専門の業者のところに持って行くと、買取の申し入れをすることができます。依頼する場合は、場所によって買取金額が違うことに警戒が必要です。

たくさんの業者を比べることで、高額査定を得ることができます。