車の買取、査定をお願いする前に、車体の傷は直してお

車の買取、査定をお願いする前に、車体の傷は直しておいた方がよいのか考えてしまうところですよね。

簡単にすぐ自分で直せる程度の小さい傷であるなら、直した方がよいと思います。

でも、自分で直せないような大きな傷の場合は、修理に出すことなく車査定をそのまま受けた方がよいのです。どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど査定の額は良くなります。

走行距離が多い程に車の状態が悪くなるからです。

だからと言っても、走行距離メーターに何か細工を加えるとサギとなるので、走ったものは諦めましょう。次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余計な距離を走らない方が良いでしょう。走行距離が長いと、車査定では不利な評価を受けます。

おおむね、10万キロを超えると、どんなに希少価値のある車であっても基本的に値段がつかないと査定されることを考えておいてください。

同じ走行距離の車でも、その期間が短い方が不利な評価を受けます。

より短期間に酷使された現れとして判断されるのが普通です。