買取業者の査定を控えた時点で、傷などを修理するべき

買取業者の査定を控えた時点で、傷などを修理するべきかどうか判断に迷うこともあるでしょう。

一見してわからない自分で直せそうな小さい傷なら、直しておくにこしたことはありませんが、別に修理に出さなくても問題ないです。

どうしてかというと修理して査定額が上がったとしても100%ほぼ間違いなく修理にかかる金額の方が大きくなるからで、そこそこ大きな傷は直さずにその状態で査定を受け成り行きに任せましょう。車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で査定に大きな違いがでることを知っておくべきでしょう。

1年1万キロというのを聞いたことがないでしょうか。それより走行距離が上か下かで、査定額も上下します。

走行距離だけに限って言えば、短ければ短いほど標準よりプラスの査定がつきますし、10万キロ近く走っている車は状態が良くても、見えない部分が劣化していると考えられ、値段がつかないことが多いです。もっとも、これは単純な目安に過ぎません。車の種類や状態によっても幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。

車の査定時、具体的になにを見るかですが車種やメーカーのみならず、車検証を見て、そこに書かれた年式、グレード、ボディカラーの確認をするのも当然のこととなっています。

これに加えて、申し分なく動くかどうかの動作チェック、エンジンルームをくまなく点検することも必須であり、そういったことも含めると、査定自体の所要時間としては15分から30分くらいはかかると知っておきましょう。