買取で良い値段が付く車の代表といえばやは

買取で良い値段が付く車の代表といえばやはり軽自動車でしょう。「最近では足代わりに安い車が欲しいというお客様が増えてきている」「店で代車としても使えるのでムダがない」と中古車買取業者が言っているのを聞いたことがあります。

最近では、軽自動車でも普通車に匹敵するような大きさの車もあり、意外にもファミリー層が買ってくれることもあるようです。軽自動車は普通車と比べて燃費や税額でも有利であり、よく売れているため、それだけ買取査定でも有利になるのでしょう。

車の査定は、状態が新車に近ければ近いほど査定の金額がより高くなります。ワンオーナーの場合や走行距離数が少ないこと、改造車でないと評価は高くなるでしょう。

勘違いしないでいただきたいところですが、車検までの期間は査定額に関係しないという場合が全てではありませんが、ほとんどです。

なお、査定作業は人が行いますので、心証が査定額に響くこともあります。車の査定は走行した距離が少ない方がプラスの査定になります。

走行した距離が多い方が車の状態が悪くなるからです。

そう言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんするとそれは詐欺ですから、走ったものは諦めましょう。

これからは車を売りに出すことまで考えて無駄な距離を走らない方が良いかもしれませんね。