中古車の下取り時に必要な書類は、な

中古車の下取り時に必要な書類は、なんといっても車検証です。もしこれがないと、下取りには出すことができません。

ちなみにですが、フェリー乗船の時にも必須です。車検証は、とにかく大切な書類なのです。大切においておく必要があります。

また、整備記録といったものがあれば、下取り価格が上がったりとします。乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。売るほうの気持ちの問題もありますが、車のコンディションや年式によっては買取会社のほうが利益が出る場合があります。私は下取り価格が不満だったので、買取業者にも値段をつけてもらいました。

その結果、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。

業者の方が高いなんて。

2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。現金を持ってディーラーに行き、ディーラーから車を購入しました。

下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。

処分を考えている車の状態にもよりますが、査定結果が0円、なんてこともあるそうです。希少価値や需要が少なく、さらに10年以上経っているものや10万キロ以上走っているもの、自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至っては査定結果が0円という事も多いそうです。今では多くの中古車買取会社がありますが、その中には事故車や故障車に特化した業者がありますから、劣化の進んだ車は専門業者に査定を申し込んでみるのが良いですね。