結婚して生活が落ち着いてきたのを機会に、

結婚して生活が落ち着いてきたのを機会に、独身のころから乗っていた車の代わりにもっと大きな車に買い替えたときのことです。

ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。下取りなんて初めてでしたし、提示された見積書の数字のまま、決めました。

同行していた家族の手前、言い出せませんでしたが、僕が思っているより下取り額が安かったので、せめて半月前に買取業者の査定を利用していたら良かったのではないかとあとになって後悔しました。車を売却する際に、ディーラーに下取りをお願いするのと買取会社に売るのは、どちらにメリットがあるのでしょうか。近頃は、一括査定などを利用して、買取会社に売却する人が増加中です。

しかし、決まって買取、査定業者に売る方にメリットがあるとは限りません。

例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンの際などはディーラーに売った方が得になることもあります。家族で話し合い家の車を1台買い取ってもらう事にしました。これまで車を売った事がありませんでしたから、車買い取り専門店を探すものの売却方法の良し悪しの判断がつかず、インターネットで買取会社を検索し、結局、自宅に近い業者に買取をお願いしました。

査定をお願いした車は、紺色の軽でいわゆる10年落ちでしたので、本当に買い取ってもらえるのかどうか、不安が大きかったです。

しかし、主人と二人でランチを楽しめる程度の金額で買ってもらえました。