車を売るときには、小傷はそのままでも構いません。た

車を売るときには、小傷はそのままでも構いません。ただ、査定前に車の中も外もきれいにしておきたいものです。車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。

カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意してください。

ボディやガラスが汚れているときは、ちょこちょこ拭くより水洗いが効果的です。

洗剤を使うのでも普通のカーシャンプーでスポンジ洗いすればOK。以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、塗装ごととれる可能性もあるので、頑張り過ぎないことが大事です。ホイール周りは真っ黒になりやすいので、こちらも忘れずに。

また、小キズをタッチペンで修正する人もいますが、買取後にプロが処理するほうがキレイですので、そのままにしておいてください。

雪が降った際、車が滑り、電信柱にフロントをぶつけてしまいました。どうにかエンジンにはダメージが発生しなかったのですが、それにもかかわらず事故車扱いに変化するでしょう。フロントのバンパー部分だけでなく、フロントのフレーム箇所の修理修繕を行う状況となったため、多額の修理費が掛かってしまいます。

中古車買取というのは思ったより簡単なものです。

提示された金額を了承すると、中堅以上の買取会社なら、営業担当者も事務所の人もよくわかっていて、今後の手続きや必要書類について事前に説明しますし、こちらがするのは書類を揃えることだけで、面倒な名義変更などの手続きも業者側で行ってくれます。

こちらで揃えるのは、車検証・自賠責保険証・実印・印鑑証明・自動車税の納税証明書(最新のもの)です。結婚して姓が変わっていたり引越しで住所が違うと戸籍謄本や住民票などが必要になります。

また、車引取りの際に出てくることが多いのですが、純正部品は査定前に出すとプラスになるようですよ。代金を現金払いしない業者では後日振込みとなるので、振込先となる口座も用意しておきましょう。