国民の消費に関連する相談窓口である国民生

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増え続け、減ることがありません。内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみる事がまず第一です。

新車に買い替えをする際に、これまで乗ってきた車を購入先のディーラーで下取りに出すパターンがたくさんあると思います。

しかし、大半のケースでは、下取りでは満足な価格の査定を望めないものなのです。一方で、車買取りの専門店に売却してみると、車を下取りするよりも、高い値段で査定してもらえることが多いと思われます。

通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大きく分類して車体の色や車種などの基本的なスペック、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車の内部の臭いや汚れの有無、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、最終的な査定金額が表示されるのです。

年式は浅ければ浅いほど査定の値段が上がってきますし、上のグレードであるものほど査定額も上がってくるでしょう。

査定の時にはボディカラーもチェックされるポイントで、一般的な白や黒、シルバー等が人気です。

車を購入するときには、いずれは売却するであろうことを考えて人気がありそうだなと思う色の車を購入するというのもありかもしれません。ホンダフィットは、低燃費であることを得意としながらもパワフルな走りを期待できる人気急上昇中の普通車です。

街中でも頻繁に見かける大衆車というグループで安心感が強いですね。

この車の見てほしいポイントは、ぱっとみは小型なのに車の中は広々しているというユーザーフレンドリーなタイプです。

改造を施した車は、買取においてあまり評価されません。

大きな買取業者の場合、装備品がメーカーやディーラーの純正品であれば高く評価されます。

皆が喜ぶオプション、例えばサンルーフや純正ナビや革シートは査定額が上がる要因になりますが、しかし、車高調整や社外アルミ、エアロなどの改造はあまり高い評価にはなりません。売りたい車がスポーツカーなら、専門店が最も高値を付けてくれるでしょう。

人気の高い車種を売る場合、査定をお願いしても満足いく査定結果になることが多いですね。代表的なもので言えば、トヨタのプリウス、ホンダのN-BOXや日産のセレナといった車種は買取においても有利な、人気車種だと言えるでしょう。

例え購入当時に人気が高い車種だったとしても、売る段階で人気が落ちているなんてこともあります。

そういった時は反対に買取額が下がってしまう傾向にあるようです。

古い車でも買い取ってくれるのかという質問は結構あります。特定のファンがいる旧車や往年の名車なら状態次第で買い取りしてもらえる可能性があります。

しかし、査定サイトで0円表示されるような車はどの業者も高値では引き取らないと思います。というのは、業者同士でも中古車の取引が行われており、査定で値がつかない車は在庫に直結してしまうからです。

でも、あきらめることはありません。

個人売買でなら、営業マンの目線ではなく「買いたい人」の判断になるため、買取査定時より高い値段がつくこともありますし、改造部分に思わぬ付加価値がついたケースもあります。

個人売買の手続きについて紹介しているブログもけっこうあるようですし、参考がてらチェックしてみてください。

車査定アプリと称するものをお聞きになられたことはありますか?車査定アプリというのは、スマートフォンですぐに査定額を知ることができるアプリのことを表します。

アプリを使用するなら、個人情報が向こうに知れ渡ることはありませんし、時間と場所に関係なく自分で車を査定することができるということで、多くの方が利用しています。通常の中古車なら車の買取に出して高値で売ることもできますが、事故車ともなると引き取ってもらうだけでも十分とお考えになるかもしれません。

しかし、近年では事故を起こした車でも一括査定でいくつかの買取会社に査定をしてもらうと、予想以上の高値で買い取ってもらえるチャンスもあるのです。